TOP > 保守 > メンテナンス契約

メンテナンス契約について

メンテナンスには、2種類の契約形態があります。

FM(フルメンテナンス)契約

①エレベーターの点検・整備(清掃、給油、調整、消耗部品等の取替)
②不具合時等の対応
③経年劣化した電気・機械部品の取り替えや修理等の修繕工事

※月々一定のメンテナンス契約料に、経年劣化部品の取り替えや修理等の修繕工事費用を含む契約形態です。
この為、修繕工事に関する費用の予算化・予算執行等の一連のプロセスが不要であり、 予算措置がなされるまで不具合箇所が放置されるという不安全な状況を避けることができます。
※なお、FM契約においても一般的に、巻上機や制御盤等の一式取替や、意匠品の手入れ・補修・取り替えは、契約に含まれておりません。

POG(パーツ・オイル・グリース)契約

①エレベーターの点検・整備(清掃、給油、調整、消耗部品等の取替)
②不具合時等の対応

※一般的な消耗品の交換や、グリス等潤滑材の補給等は契約料に含まれています。ただし、FM契約のように、 経年劣化部品の取り替えや修理等の修繕工事費用はPOG契約料金には含まれていません。
例:メインロープが摩耗して取り替えを要する時は、POG契約とは別途にメインロープ取り替えの発注を行うことになります。
※POG契約は、予防措置が遅れる可能性がある為、長期的な修繕工事の計画や予算措置が必要となります。