TOP > 保守 > 24時間遠隔監視

 ビル側に配置した通信端末装置がエレベーター設備やビル設備などの状態を弊社フィールドセンター(以下監視センター)で24時間フルタイム監視を行っています。万一突発的な状態が発生した場合でも、監視センターではその内容を瞬時に確認し、復旧や対応をスピーディーに行います。

日本エレベーター製造 遠隔監視システムの内容

1.遠隔監視機能
エレベーター主要機器の状態を監視すると同時に、異常時や万が一の閉じ込め故障が発生した場合、監視センターの社員が直接対話、かご内の乗客に安心、安全をご提供いたします。


2.機械監視機能
(1) 顧客への報告書
フィールド技術員による訪問点検とは別に、機械監視機能の「遠隔自動点検」により運行データーを取得し、「エレベーター機械監視点検報告書」・「エレベーターご利用状況」を月次にてご報告いたします。
(註)報告書はお客様より要求がある場合にお渡ししています。

  • 「エレベーター機械監視点検報告書」
    「エレベーター機械監視点検報告書」
  • 「エレベーターご利用状況」
    「エレベーターご利用状況」

(2) 遠隔自動点検
エレベーター機器の状態変化を運行中に把握する「運行診断」、 運行が少ない時間帯に一旦停止して行う「精密診断」にて、機器の状態変化を捉え 「軽レベル」・「重レベル」の識別を自動で行い、この情報を元に監視センターでは データを蓄積・解析、熟練の技術者が持つ点検・調整ノウハウと併せフィールド技 術員へ情報提供されます。

携帯端末によるエレベーター情報確認
フィールド技術員への技術情報


3. 遠隔救出機能
万が一、閉じ込めや故障が発生した場合は監視センターで、かご内画像を常時確認、監視センターからの遠隔操作により救出を行います。

(注1) この機能の装備には電話回線が2回線必要となります。1回線は遠隔監視機能・機械監視機能に使用し、もう1回線は画像転送用に使用します。
(注2) エレベーターの法定安全装置を感知している場合には、遠隔救出機能が作動できない場合があります。
(注3) この機能は万が一の閉じ込め故障発生時の仮復旧となります。本復旧はフィールド技術員による訪問点検が必要となります。

携帯端末によるエレベーター情報確認


4.地震時自動診断・仮復旧システム
通常、地震管制機能付きエレベーターでは震度5弱(低ガル)を検知した場合、最寄階着床後に運行を休止し、フィールド技術員の到着を待たないと復旧しません。 地震時自動診断・仮復旧システムを装備する事により、機器の損傷状態を自動診断して異常が無い場合は、フィールド技術員の到着を待たずに監視センターから仮復旧させます。 なお本復旧には訪問点検が必要です。

携帯端末によるエレベーター情報確認